HOME > 「答え」-theAnswer- > 経済 > Q9. 利益を出し続ける仕組みとは何か?


Q9. 利益を出し続ける仕組みとは何か?


A9. 1を投入して2が発生する宇宙自然のメカニズム


解説:

利益の出し方

企業の場合、100億円を投資して200億円になれば事業は続けられますが、投資した100億円が50億円になってしまうことが続けば、いずれは倒産します。1を投入して2が発生するメカニズムが分かれば、利益を出し続けることができるのですが、1を投入して0.5になってしまうビジネスモデルでは、破綻してしまうのは目に見えています。

では、地球を45億年間も経営し続けてきた仕組みとは、どういうものでしょうか?

宇宙自然のビジネスモデルが、1を投入して0.5になってしまうメカニズムでは、地球上に植物や動物・人間が誕生することもありませんでした。森羅万象は「1を投入して2になる剰余発生メカニズム」を内包しているからこそビッグバン以来この宇宙を創造し続けることができたのですが、そもそもの始まりであるビッグバンは何から生まれたのでしょうか?そして、その後の宇宙を137億年も持続させている仕組みとはいったい何なのでしょうか?

もしあなたが経営者なら、137億年も続く企業をどういう風に設計してみるでしょうか。


森羅万象のビジネスモデル

1を投入して2が生まれる剰余発生メカニズム。ビッグバンを発生させて、宇宙・地球を作ってきたメカニズムとは、たった1つの●●なのですが、この●●の内容が商品でもあるので、詳しくは4日間のセミナーにてご説明させていただいています。このメカニズムは、地球だけでなく動物・植物・細胞等のすべての生命が持ち、銀河や素粒子、光に至るまですべての存在が内包している存在の仕組みそのものでもあります。

森羅万象のビジネスモデルともいえるこの「剰余発生メカニズム」を理解することで、あらゆる現象と事象をひとつの観点から統合することができ、複雑に絡まったこの世界も(たったひとつなので)シンプルに解きほぐすことが可能になります。

ちなみに、アセンションや悟りに関するキーワードとして「すべてはひとつ」という言葉を耳にされることもあるかと思いますが、その「ひとつ」が持つメカニズムが「剰余発生メカニズム」の正体でもあります。この「ひとつ」が何なのか?に関しては、こちらのセミナーにおいて、材料・構造・機能・模様・動きなど7つの視点から説明されています。



本サイトに関するお問い合わせ
掲載内容に関するご質問は、こちらよりお寄せ下さい。