HOME > 「答え」-theAnswer- > ? > Q. なぜこれらの質問に答えることができるのか?


Q. なぜこれらの質問に答えることができるのか?


A.
釈迦の説いた空、
キリストの唱えた愛、
老子の記した道、
アインシュタインが探求した力の世界をつなげて、
明確な論理とイメージで説明できる人が居るから


解説:

表現の違い

富士山の山頂に登った時の感動を、あなたならどのように伝えるでしょうか?ある人は音楽で、ある人は絵を描いて、ある人は写真やポエムかも知れませんが、いづれもその感動の表現の仕方の違いでしかありません。しかし、これが真理や悟りを得た感覚を伝えるとなるとどうでしょう?

約2,500年前の人類は、それを愛や空やタオで表現し、科学の発達した時代に生まれたアインシュタインは力の統合で説明しようとしました。現代でも「すべてはひとつ」或いは「すべては繋がっている」という意味のことを、世界中のあらゆる業界の方々が、異なる単語や表現で発信されています。

それがどんなものか興味のあった私にとっては、体感や感覚を主観的に表現される方々よりも、HITOTSU学という学問に体系化して論理とイメージで話をされるNohJesu氏の内容の方が理解しやすく共感しやすかったのです。ただ“信じる”世界ではなく“理解する”世界だから納得できた、ともいえます。


決定的な違い

この2,3年で他にも同じような話を様々な方面から聞くようになりましたが、私の観点からみたNohJesu氏の違いは「悟りがゴールではなく出発点である」ことでした。本来の心(Original Mind)が何かを知って、それを体得する為にヨガや座禅を行うのではなく、多くの人を悟らせていった先にどのような社会を作るのか。人類の意識が進化していく先にどのような文化・文明を構築していくのか、というビジョンを明確に持っていることが決定的に違いました。

そして「すべてがひとつなら、どうしてこの複雑な世界が生まれたのか?」「1つから2つがどのように生まれたのか」を明確に説明できる唯一の人物だと思います。

NEXT CONTENT | 情報源

本サイトに関するお問い合わせ
掲載内容に関するご質問は、こちらよりお寄せ下さい。