HOME > 答えの見付け方 > プランと現在地


プランと現在地


21年プロジェクト

NohJesuが現在の企業グループの原型を立ち上げてから17年、「21年プロジェクト」の構想をもとに着実に段階を経てフィールドを作って来た結果、悟りの学問化はHITOTSU学の体系化をもって一段落つき、2007年11月1日からはNR JAPAN株式会社を核に悟りのビジネス化(認識産業の立ち上げ)がスタートしています。



しかし一般的な大企業と比べれば、まだ組織として未熟な部分も数多くあるのが実情です。これを屋久島の縄文杉が育つように自然のメカニズムに照らして企業を観てみると、深く根を張る時期が終了し、茎や葉が十分に成長したところで、これから花を咲かせる時期にきたと観ることもできます。

この企業グループ(フィールド)では、人類意識の進化を促していくコア(核)となる革命家を300名まで募集しています(現時点では既に全国各地で250名ほど集まっています)。 2008年にノーベル物理学賞を受賞された小林・益川両氏は、35年前の功績(小林・益川理論)を認められての受賞でしたが、私から見て彼らの興そうとしているムーブメントは、10年後には世界でも認められているであろう価値のある行動に映ります。

もし、あなたが石油を見つけたばかりのロックフェラーや、相対性理論を発見したばかりのアインシュタインと知り合いだったら、次のうちどの生き方を選択されるでしょうか?

1.共に新しい世界を創造してゆく
2.ビジネスパートナーとして一緒に仕事をする
3.商品が出来たら客として購入する


この1と2の生き方を選択したい方には、NohJesuを紹介させていただきます。今の生き方に限界を感じ、本当に新しい世界を創りたいと望まれていらっしゃるなら、是非お問い合わせよりご連絡いただければと思います。

NEXT CONTENT | ブログ

本サイトに関するお問い合わせ
掲載内容に関するご質問は、こちらよりお寄せ下さい。