HOME > 出版物 > 感動革命(下)


感動革命(下)


感動革命下巻 〜ミッションとの出会い〜



2006年4月2日 発売
著者:Noh Jesu
B6判  208頁
価格 1,000円(税込)

下巻では、認識を変化させることによって理想を現実化させることができるという具体的なプロセスと、 感動を 連鎖させることができる希望の職業の誕生を示している。 感動革命が新しいマーケットの拡張を 可能にした経済循環を起こし、新しい社会プレート(共通基盤)を創出。 人類のルネッサンスが日本 文明から始まることを鋭く説いている希望の書。

NohJesu氏からのメッセージ

感動革命の上巻はいかがでしたでしょうか。前回は、今まで人類が無意識を開発できなかった理由を明確に語り、その原因を解決する方法を書きました。

今回の下巻では、私が感じている今からの時代の方向性と日本の役割と大切なミッションについて、より具体的な観点から語りたいと思います。

今までは主に体を便利にさせるモノづくり中心の時代で、軍事力などの恐怖の力によって変化をリードしてきましたが、今からは心の時代といわれています。一人ひとりが安心して本当に幸せを感じることができるような社会にするにはどのような変化が必要なのでしょか。 これだけインターネットが盛んになり、国境を越えたつながりが活発に行われるようになった今、時代は世界全体がひとつに結ばれる時を迎えています。 私は、今からの時代の人類文明をリードするのは、ソフトパワーを持っている日本文明だと確信しています。なぜ韓国人である私がこのようなことを言うのかと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、私は長い平和な歴史によって培われた日本人の品性に隠されている、素晴しい魅力と深い心の世界をみたからです。

その魅力とは、日本人特有の細やかなセンスとソフトでやわらかい心の世界、そして間の世界を持っていることです。その背景には、他の国が持っていない日本特有の建前コミュニケーションの文化があるのです。 つまり、建前コミュニケーションの文化によりトレーニングされた日本人の心や認識センスは、オリジナリティあふれる品性と魅力を持っているのです。 また、心が繊細すぎるため、精神的に一番苦しんでいるのもまた日本人であり、屈折しやすく整理しづらい心の状態であるという問題点もあります。 昨今、うつや引きこもり、すぐキレる人、自殺者などの問題が深刻になっています。だからこそ、なんとかしたいと願う心が一人ひとりの中で大きくなり、どうしたら解決することができるのかと追求する心が準備されてきているのです。

そのような日本人がその特有な心を自由自在にコントロールして活用し、いつも心をスッキリさせ、気づき、感動を得ることができる感動商品、感動経済を胎動させることができれば、職場が学びの場になり、人々がやる気にあふれ、毎日自分の成長を確認できるようになるのです。 それが感動パワーそのものであり、感動を連鎖させていくことで社会全体の共通基盤が感動のプレートになり、日本だけにとどまらず世界を変化させる大きな原動力につながると思います。 本書では、信頼の社会基盤をつくる新しい職業の価値と、感動パワーがつくりだす新しい感動社会の具体的内容について触れてみたいと思います。

本文に入る前に、私は正式に日本語を学んだことがなく文章を書くことが難しいため、極力ニュアンスが変わらぬよう日本人スタッフが筆を加え、文章表現をしています。どうぞご理解ください。 そして、平素より多くの方に多大なご協力とご支援をいただき、今回も本を完成することができました。心より感謝いたします。 最後に、一人でも多くの方々にこの時代の日本のミッション、そして感動商品、感動経済の胎動の必要性と価値を共感していただき、本書が社会と個人の本質的な変化を通して新しい感動社会の創出にお役に立てれば幸いです。(NohJesu)

本書のお申込みはこちら
>> ご注文フォーム(発行:NR JAPAN株式会社)

感動革命下巻 目次

第一章 理想を現実にする新しい道

成功、幸せを得るための現実的一番の早道
限界を超える関係性を築く
揺るぎない信頼を得る道
立場チェンジ能力の開発
結果を創りだす認識法とは
心すっきりになるコミュニケーションの方法
組織の団結を創造する根源とは

第二章 新しい職業で世界を変化させる

資本主義の本質的なジレンマ
新しいマーケットが時代を変える
歴史的なジレンマ解決のカギをにぎる認識経済とは
見えない財産を増やす意識改革の秘密
すべての産業を一新する0次産業
心を元気にする認識経済とは
自営業が活性化する価値
今からの時代に最も必要とされている変化とは
観念の循環と真実の循環の違いを見抜く
真実の自分で生きるとは
本物の変化を創りだす新しい力
感動パワーを引き出す仕事とは

第三章 希望の職業アテンダー

わくわく感動を循環させる新しい職業
感動の連鎖をおこす人間力がアテンダーの魅力
アテンダーは究極のコミュニケーションのプロ
幸せと成功の秘訣とは
歴史初、不動心の商品化
本質的なCSRとは
企業組織に求められる感動の戦略
人脈の次元上昇とマーケット拡張の次元上昇
今からの時代に必要な職業の条件

第四章 産業社会から感動社会へ転換する

産業社会から認識社会へのシフトチェンジ
社会秩序をつくるプレートの転換とは
すべての環境を変化させる存在
感動のプロジェクトが人類のルネッサンスをおこす
信頼を土台にミッションを実践できるフィールドプレート
フィールドプレートが生み出す感動社会
フィールドプレートと日本社会との出会い

第五章 感動革命と日本の役割

過去の経験、知っている世界からの解放
戦争歴史問題の本当の原因はなにか
日本がつくる新しい文明
日本とアメリカの挑戦と応戦
世界的孤立か、世界的ヒーローか
日本企業の精神は武士道そのもの
団結力で人を育てる企業文化
団塊世代が抱えてしまった孤独
ミッションとの出会いで人は活きる
歴史を変える感動パワー
JAPAN MISSIONとの出会い

NEXT CONTENT | 感動革命(上)

書籍の内容等について
詳細をお知りになりたい方は、こちらよりご連絡下さい。